出資馬成績
<通算成績> 49戦8勝(8-6-6-7-2-20)
<2020年> 37戦6勝(6-2-5-5-2-17)

次走予定
10/31 京都5R(新馬)ディープモンスター

(スマホ版は画面右上に各種メニューがあります)

スターズプレミア未勝利戦/ダブルアンコール新馬戦

こんばんは、よっしーです。

年の瀬ですね~。有馬記念も終わってしまい、気付けば今年もあと9日。中央競馬の開催も残すはあと1日だけになりましたね。メインレース関連は明日のデータ更新記事で書くとして、今回は出資馬の振り返りをしたいと思います。

 

さて、先週に続いて今週も管理人の出資馬から2頭の出走となりました!

まずは土曜の阪神4Rの未勝利戦で走ったスターズプレミアですが、結果は惜しくも4着となりました。。1頭強い馬がいましたね~、スワーヴドン。中内田×川田の黄金タッグで強敵でした。

スターズプレミアは初戦の走りを再現できれば未勝利戦はすぐ勝てると思うのですが、なかなか上手くはいかないですね。そしてレース後、乗って頂いた西村騎手から喉が気になったとのコメントがあり、内視鏡検査を行うこととなったようです。まだ未勝利なだけに長期離脱だけは避けたいところ。。何事もなければ良いですが、、心配です(T_T)

 

次に今日の阪神6Rの新馬戦で走ったダブルアンコールです。この馬の新馬戦に至るまでの過程や、期待された血統背景、生まれ持ったポテンシャルなど、本当に特別な子です。これまでの出資馬の新馬戦とは違う緊張感がありました。

ちゃんと真っすぐ走れるだろうか、、ゲートに入れるだろうか、、パドックで暴れださないだろうか、、とハラハラしながら当日を迎えましたが、予想に反してすごく大人しい様子を見せていました。

馬場入場後は、返し馬をせずに輪乗りの位置までスタッフに曳かれて歩いていったとのこと。本当に厩舎スタッフの方々のこの馬への工夫・尽力には頭が下がります( ;∀;)

レースでは、スタートから最高のスタートダッシュを決めてくれました!(実は正面から見るとゲートを出た瞬間に大きく左にヨレてたようなのですが、そこはご愛敬ということでw)水口騎手に上手く御して頂きながら、少し暴走気味でしたが気持ちよく走らせて貰っていたようです!

直線で追ってきた馬との追い比べになり最後は負けてしまいましたが、これまでしっかりした調教も出来ておらず、しかも落鉄までしていたようで、そんな中であれだけの走りを見せてくれたので次戦以降に本当に期待が持てる内容だったなと思いました。

一旦しがらきに短期放牧に出るようなので、また少し成長して年明けに帰ってきてくれることを楽しみにしたいと思います!シンハリングヴィンクーロと一緒に、クラシック戦線に向けて勝ち上がってくれると嬉しいです(^_^)

 

では今週の出資馬のレース回顧はこの辺りで終わりたいと思います。また明日、データ更新の記事をアップする予定です!ではでは今回もお読みいただき有難うございました。m(_ _)m