出資馬成績
<通算成績> 49戦8勝(8-6-6-7-2-20)
<2020年> 37戦6勝(6-2-5-5-2-17)

次走予定
10/31 京都5R(新馬)ディープモンスター

(スマホ版は画面右上に各種メニューがあります)

考察:繁殖牝馬について


こんにちは、よっしーです。ちょっと時間があったので、前々から気になっていた繁殖牝馬についての分析をしてみました。テーマは以下です。

  • 出産時の母齢と産駒の活躍の関係性は?
  • 初仔は走る?走らない?

既に分析し尽くされているような内容ですが、自分なりにデータをいじってみたかったので、半日がかりで手作業でチマチマと集計してみました。笑

サンプルデータ

歴代の獲得賞金額の上位1位~200位の名馬たちをサンプルとして扱いました。対象馬たちのランキング、母名と出産時母齢、●番仔として産まれたかを一挙に羅列します。めちゃくちゃ長い表ですが、ぜひ思い出に浸りながら眺めてみて下さい。笑

<1位~50位>
f:id:yossiebanusy:20191120115318p:plain

<51位~100位>
f:id:yossiebanusy:20191120115356p:plain

<101位~150位>
f:id:yossiebanusy:20191120115624p:plain

<151位~200位>

f:id:yossiebanusy:20191120115739p:plain

どうでしょう、ここまでお読み頂けてますでしょうか、、?情報量が多すぎて目がチカチカしますね(^_^;)苦笑

 


出産時母齢と産駒の活躍

ということで上記データの集計です。まずは出産時の母齢別で纏めてみましょう。

f:id:yossiebanusy:20191120122829p:plain
こんな感じです。やっぱりよく言われる通り、母齢が6歳~12歳ぐらいのときに活躍馬が産まれるケースが多いみたいですね。ちなみにサンプルデータの中で最大の母齢20歳で産まれたのはキズナになります。かなりのレアケースだったみたいですね。

ついでに縦軸を獲得賞金額にしてサンプルデータ200頭を散布図でプロットしてみましょう。

f:id:yossiebanusy:20191120123135p:plain

あんまり有意なデータでは無さそうですね(笑)まぁ上で書いた6歳~12歳のレンジが、気持ちだけ賞金実績も高めと言えなくもないかな?

 


初仔は走るのか?

次に、●番仔の別にして集計してみましょう。

f:id:yossiebanusy:20191120124209p:plain

上記のように、どうやら初仔は全然走っているようです!賞金TOP200で最も多いのが初仔という結果になりました。これには管理人も自分で集計していて驚きました。この賞金TOP200のデータの中では結構きれいに、早く産まれた仔ほど活躍しているという傾向が見てとれますね。

もしかすると別のアプローチで分析したら(例えばある1年で産まれた●番仔のそれぞれの勝ち上がり率比較など)また違う結果が出るのかもしれないですが、少なくとも今回の分析では、初仔は走る!活躍する!なイメージを持ちました。

ついでにこちらも縦軸を賞金額にして散布図にしてみましょうか。

f:id:yossiebanusy:20191120124711p:plain

はい、こちらは殆ど意味なし!
強いて言うなら8番仔以降はその手前と比べて獲得賞金額がやや少なめなイメージでしょうか?(それでもTOP200に入っている4億円超えの神様のような馬達なのですが、比較的ということで。。。)

 


ということで、時間かけた割には中身は薄目な内容ですが、

  • 出産時の母齢は9歳±3歳あたりが理想的!
  • 初仔は走る!活躍する!

ということを一応自分なりに確認できました!
自己満でトライしてみた分析ですが、少しでも何かの参考になったら嬉しいです。ここまでお読み頂き有難うございましたm(_ _)m